2017年12月19日火曜日

引き付け力

ルーフに限ったことではないが、遠目のホールドを取りに行くときは、できるだけ身体を目標とするホールドに近づけて取りに行くの基本だ。
ルーフの場合は、ルーフに身体を近づける事でホールドとの距離が縮まる。さらに足が切れた時に振られる力も抑えられる。
身体をルーフに近づけるためには、腰を上げる背筋、腹筋力に加え、腕を曲げる腕力も必要だ。
身体をグッとルーフに近づけると同時に手を出す、場合によって腰をひねるなど神経系の練習も必要。

2017年12月10日日曜日

ゾーンの重要性

新しいホームジムの雰囲気にまだ馴染んでいないのか、クライミング以外の何かが影響しているのかわからないが、ここのところ調子が悪い。いや、そうではなく、クライミング自体がマンネリ化し、面白くないのだ。

そんな時は、ホームを離れ、他のジムに行く。
モチベーションは精神論ではなく、有限のリソースなのだ。

気持ち良く登れれば、パフォーマンスも上がる。これがフローだ。フローに入れれば、集中状態により、最大限のパフォーマンスを発揮できる。これがゾーン。

フローに入るためには、外的な動機ではなく、内的な動機が必要で今そこにある課題、次の一手に集中する必要がある。その集中力をどうやって養うか。
これまでのように他人とセッションするというやり方はダメだ。人がいなければフローに入れないし、コンペではそんなことはしていられない。

いろいろ検索した結果、大人の塗り絵がいいらしい。
やってみると、確かに集中できる。あっという間に2時間も経ってしまった。ただ、これでゾーンやフローに入れるかは、まだ分からない。








2017年12月1日金曜日

浅草クライミングシューズ

いつものジムで試し履き。
日本のメーカーで日本人の足に合わせた設計とクライミングシューズには珍しく色違いバージョンがあるということで注目していた。
今回試してみたのは、ツルギ。
普段は、スポルティバの刀レースを使っているので、ネーミングで劔をチョイス。
刀に比べると、ターンインがキツいがこの手の靴としては履きごごちはいい。刀の足入れの良さが特別いいし、刀はさほどターンインしていない。普段ターンインの靴を必要としないので、その良さはわからなかったが、ターンインのシューズを買うなら、ありの一品。

2017年11月20日月曜日

ADDフリクション レビュー

今まで試してこなかったチョークの下地クリームを試してみた。
チョークの乗りを良くするために、本気トライの前にチョークアップの前に手を石鹸で洗った後、エタノールが配合された液体チョーク、そのあと、粉チョークをしてきた。

今回、ジムにお試し用の下地クリームが置いてあったので、試してみたところ、ものすごくフリクションが効く!!!!人によって効果はさまざまのようだが、少なくても僕は1週間かけてできていなかった課題が2つも落とせた。

これに頼ってしまうと、保持力が弱くなりそうだが、どうしても!って時にはいいかもしれない。

2017年11月4日土曜日

持久力と瞬発力に必要な筋肉

 ある説によれば、持久力に必要な筋肉と瞬発力に必要な筋肉は同じらしい。以前は赤い筋肉は持久力に強く、白い筋肉は瞬発力に強いとされていた。しかし、筋肉の種類は一種類で、瞬発力を鍛えるには、瞬時に持っている筋肉を総動員させる神経を鍛えることが大事らしい。
 そして、筋肉の総量は、強い負荷による筋肉の損傷、復旧の繰り返しによって増強されるため、持久系の運動を行うことによって増幅される。

 ボルダリングでは、どうしても瞬発系のムーブが多く、また負荷をかける時間も短い。さらに異なる課題では使う部位も異なるため、ほとんど筋肉は増強されない。その一方で瞬発力に関係する神経は養われていく。

 おそらくであるが、始めたばかりのころは、登るという動作に慣れていないため、持っている筋肉をうまく使うことができない。そのため、登れば登るほど強くなりグレードも上がっていく。しかし、3級、2級ともなってくると、どうしてもパワー不足を感じてくるのは、この説を立証しているのかもしれない。

 つまり、高グレードになればなるほど、筋力増強のためのトレーニングを考えなければならないということだ。

2017年10月28日土曜日

プレイマウンテン名古屋

エリア 愛知/名古屋

平日 13:30~22:30

休日 10:00~21:00
会員登録料 1500円
一回利用料 1900円
管理者雑感)
今回はニースフェイスカップだったので、課題の雰囲気はつかめなかったが、複雑な3Dの壁によって、複雑なムーブが必要になりそうな感じ。
駅からは遠いが、機会があれば普通の日に訪れてみたい。

ノースフェイスカップ2018

2年ぶりにノースフェイスカップに出場。前回は参加ディビジョンでちょうど真ん中だったが、今回は予選最下位ながらもなんとか本戦に残ることができた。この2年の成果が少し出た。


にほんブログ村 アウトドアブログ ボルダリングへ